交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  人身傷害保険に加入する >  「人身傷害保険」は必ず付けましょう

「人身傷害保険」は必ず付けましょう

自動車保険の基本としてまずは


★対人賠償 : 無制限


★対物賠償 : 無制限
(バス等との事故の場合、損害賠償額が2000万円を超えるからです)

★搭乗者傷害: 最低1000万円
(人身傷害保険とも一部重なりますが、加入すべき保険です)


を選びます

これは、絶対的な基本保険なので、大丈夫かと思います


そして、この基本保険に「人身傷害保険」を付けます

これで、交通事故に強い保険に近づきます!


「人身傷害保険」は「完全補償保険」とも呼ばれ

まさに人身事故に関する補償では完璧な保険です

(設定金額があるのですが、私は1億円を選んでいます)


つまり、一般的な

対人・対物無制限・搭乗者傷害

の基本保険だけでは、欠陥があるという事です


無制限なんだから、大丈夫だろうと思われがちなのですが

ぜんぜんダメです。

ではどんな欠陥があるのでしょう??


それを分かりやすくするために

「人身傷害保険」が付いていないケース

比較して解説しました


まずは、示談交渉についてです


私は、「加害者」と「加害者の保険会社」と交渉して来たのですが

当時、私が加入していた保険会社からの

手助け(示談交渉サービス)は一切ありませんでした


つまり、自分が全く悪くない交通事故では

相手との示談交渉は自分自身がやらないといけないのです


例えば、あなたの治療費・慰謝料等が

1000万円だったとします


あなたは、この1000万円を請求するために

「加害者」や「加害者の保険会社」を相手取って

交渉していくわけですが、


既にこの交渉が大変な作業だという事は

ご理解頂いていると思います


ところが、この「人身傷害保険」を付けておけば、

なんと!示談交渉することなく、あなたの保険会社が

加害者の変わりに、1000万を払ってくれるのです


「いやすごいです!」

(私も早く知りたかったです)


あなたの保険会社が代わりに1000万円払ってくれるので

あなたはもう、加害者と示談交渉をして

治療費や慰謝料を請求する必要がありません


では、加害者はもう何処にも支払わなくて良いのか??


もちろんそうは行かず、この1000万は、後日

あなたの保険会社が「加害者」に請求します

これを【損害賠償請求権の代位請求】と言います


ちょっと怖いですが、加害者は1000万を

保険会社から請求されるんですね


救いがあるとすれば、

加害者がしっかりとした保険に入っている事でしょう


もし、保険に加入していなければ、一気に1000万という

莫大な負債を加害者は背負う事になります

(また、欠陥保険に加入していれば一部自己負担でしょう・・・)


これは、言い換えると、相手がもし無保険でもOKという事ですね

(※「無保険車傷害特約」が自動付帯されます)


現在、任意保険に加入している車は85%です

なんと100%じゃないんですよ!信じられません


残り15%の車は無保険です(任意保険未加入)

つまり、今走っている車の20台中3台・・・

とても怖い数字ですよね・・・


交通事故の相手としては最悪です

絶対関わり合いたくありません


任意保険に入らないという事は、相当、危機意識が薄いか

お金が無いか、どちらかでしょうから・・・


無保険や欠陥保険の車と事故を起こすと

相手の支払能力に依存する事になります

そのため、きちんと補償されないケースが多いです


私のように、6年も掛けて示談交渉する必要はありません(^^;)


さらに、もうひとつ大きなメリットがあります!


仮にあなたが若干悪くて、過失が30%あったとします


あなたの治療に掛かった費用等が1000万だったとしたら

悪かった分の30%(300万)は貰えず、

相手からは、残りの70%(700万)しか貰えません


つまり、300万は自腹なんですね・・・

ここも基本保険の欠陥です


でも、「人身傷害保険」に加入していれば

この300万も、あなたの保険会社が支払ってくれるんですよ


これは厳密に言うと、あなたが先に損害額の1000万円を

あなたの保険会社から貰うことになります

(先程のケースと同じです)


そして、あなたの保険会社が加害者側と

過失割合を話し合って、示談が成立すれば

損害金(700万円:70%分)を請求するんですね


これは、「損害賠償請求権の代位請求」によって、

過失割合の話し合いも含めた権利が

「あなた」から「保険会社」へ移動するからです


という事は、あなたにとって、もう過失割合は関係ありません

なかなか決定しない過失割合でもめる事もないし、

加害者側と示談交渉する大変な思いもする必要がないんですよ


もうひとつ!(しつこいですが・・・)


今度はあなたが100%悪い場合。

この場合はもちろん、相手(被害者)に

損害賠償を請求する事は出来ませんよね


悪いのはこっちなので・・・


でもそんな時にも、あなたや同乗者に掛かった治療費用など

保険会社が支払ってくれるんですよ


相手がいない、一人相撲の人身事故も一緒です


しかも、あなたを含めた同居している家族の方が

歩行中他人のクルマに乗っていた時

万が一交通事故に遭っても補償してくれるんですよ


どうですか?とっても魅力的な保険でしょ

疑いたくなるぐらいです


また、「人身傷害保険」のみの使用であれば、保険金を貰っても

等級が下がる事がありません

(※基本的にあなたに過失がない場合)


この保険の人気はうなぎ上りで、現在加入者がどんどん増えているそうです

もちろん私も入っていますが、人気の理由は納得出来ます


ただしここまで、完璧に見える組み合わせの保険にも

私は「穴」を見つけました


それは、あなたの愛車への修理費が出ないという事です

(相手の車の修理費は対物賠償保険から出ます)


そこで、次に解説する「車両保険」をセットしておきます

これでもう完璧ですよ



あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

人身傷害保険に加入する

関連エントリー

「人身傷害保険」は必ず付けましょう




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト