交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル交通事故専門行政書士への電話相談付き【緊急告知!示談交渉中の方へ】
まだ示談交渉中なら、販売終了前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル
交通事故専門行政書士への電話相談付き


慰謝料が数十万も多く貰える可能性があります!


Top >  保険料だけを抑える方法 >  補償はそのままで保険料だけを抑える方法

補償はそのままで保険料だけを抑える方法

「保険・補償はそのままで保険料だけを抑える!」

これがテーマです


そんな事出来るのか??

もちろん可能です。

いくつかありますのでご紹介しますね


【1つ目】


「自動車保険満期日の1ヶ月半以上前に契約する」


これは「お早め契約割引」といって、保険料が安くなります

早めに資料・見積もりを取って、検討し、

「1ヶ月半以上前」に加入しましょう


【2つ目】


「インターネットから契約する」


インターネットで契約すると、割引があります

(私もインターネットから契約しました)


【3つ目】


「2年以上の長期契約にする」


通常は1年の掛け捨てなのですが、これを2年以上の長期契約にします


【4つ目】


「運転者を限定する」


これは、先程の特約でも触れましたが、限定する事により

保険料が安くなります


【5つ目】


「運転者の年齢条件を絞り込む」


保険料は

「全年齢に適用するもの」が一番高く


「21歳未満は保険金の支払い対象外」(21歳はOK。20歳はダメ)

「26歳未満は保険金の支払い対象外」(26歳はOK。25歳はダメ)

「30歳未満は保険金の支払い対象外」(30歳はOK。29歳はダメ)


という順番で、保険料が下がっていきます


また、子どもが免許を取って親のクルマを運転する場合は

「子供特約」を付けて対応します


年齢制限を子供に合わせて変更してしまうと

保険料が上がるので、この「子供特約」を利用して

保険料を抑えます


(※但し、以上お伝えした方法は保険会社によっては

  適用が無い場合もありますので、見積後確認しましょう)


また、対物を無制限ではなく、2000万円等に設定して

安くする方法や「搭乗者傷害」を外して安くする方法など

ありますが、お勧め出来ません


せっかくの保険がいざという時役に立たないからですね


補償をそのままにして、保険料を安くする方法は

いろいろありますが、その中でも一番安く抑える良い方法は

やはり「インターネットからの契約」です


私も比較検討しましたが、代理店と見積もりを比較をしたら

数万円の差がありました

補償が同じなら少しでも抑えたいのが本音です


でも、インターネット契約(通販系)だと

どうして安いのでしょうか?


そこで、次はそのあたりを検証してみました



あなたの動かないクルマ、買い取り査定をやってみませんか?

事故車だから…とあきらめていませんか
『査定依頼』は無料です
少しでも高く買い取ってもらえますよ

(自走可能な車はこちらから)
あなたの愛車は今いくら?



         

保険料だけを抑える方法

関連エントリー

補償はそのままで保険料だけを抑える方法




管理人おすすめサイト
このサイトはなぜ支持されるのか?
その圧倒的な人気の秘密とは??
↓↓
私が、自動車保険 を変えた理由

交通事故の示談交渉で負けないための知識 より抜粋

最近の出来事
自動車保険の更新依頼が来ました

自動車保険の満期って早いですよね・・・。1年なんてあっという間です

今日、ポストに更新の案内が来てました。無事故だったのもあって去年より1万5千円程安くなっていました

合計で8万円程です

昔は、自動車保険は高かったのですが、今は、ネットから申し込んだり、いろんな細分化特約などを組み合わせると安いので助かりますね

例えばここ
15社まとめて無料一括見積もり!

で、気づいたんですが
最近の保険っていろんな特典が付いてますね

例えば、ホテルの割引
レンタカーの割引、レジャー施設の割引からピザの割引まで・・・

株主優待みたいな感じです
という事で、今年も同じ保険会社で更新しました

保険は忘れず、
早めに更新しましょう(^^)

管理人お気に入りサイト